ロード中...

〇「液体」で「マルチ」ここがすごい!

ビタミンが足りているのかしら…私たちは、そう思いがちですね。
ビタミンの働きはよく知らなくても、「からだに絶対必要だ」ということは誰もが知っています。
あなたがビタミン不足かどうか、軽々しく言うことはできませんが、風邪をひきやすい、疲れやすい、なんだか調子が悪い…毎日そんなことが気になる方は、ビタミン不足かもしれません。
各種ビタミンのサプリメントを常用されている方も多いでしょう。でも、成分がきちんと体内に吸収されているでしょうか。


また、いろいろなビタミンを摂取できていますか?
サルス社のマルチビタミンは、1日にほんの10mlを飲むだけの液体ビタミン。液体と錠剤を比べると、液体のほうが約5倍も体内に吸収されやすいと言われています。
ビタミンと呼ばれるものは、全部で13種類あります。マルチビタミンは、このうち8種類の1日に必要な量をほぼ補うことができます。実はビタミンは、どれか摂取量が少ないものがあると、ほかのビタミンも少ない種類に合わせたレベルでしか働かないのです。つまり、いろいろな種類を揃えてとることが大事なのですね。


〇ビタミンは、「液体」で「マルチ」にとる。
これがサプリメントの上手な利用のしかたです。
サルス社がビタミンサプリメントを「液体でマルチ」にしたのは、からだに負担がなく、もっとも効率よく働くように考えたからなのですね!

〇年齢と共に弱ってくる消化吸収力。液体ビタミンなら、ストレートに働きます。

便秘したり、おなかをこわしやすかったり、「腸が弱っているのかも…」と思ったことはありませんか?
からだの機能が加齢とともに衰えてくるのはしかたのないことで、腸のちからもその一つ。疲れたときや療養中などは、「消化のいいものを食べよう」と思いますね。おかゆ、スープ、ジュースなど固形でない食事のほうが、腸に負担なく消化され、栄養が吸収されるからです。


錠剤は、まず固まっているものを消化しなければ、成分が消化吸収されません。
カプセルも、外側のカプセル自体を消化してはじめて、中身が吸収されていきます。こうした固形物を消化することが、腸の負担になっていることも!
マルチビタミンは液体です。
だから腸に届くとすんなり吸収され、体内の必要な場所にすみやかに届きます。加齢が気になる方、からだが弱っているかも…と思っている方に、特におすすめです!

〇ビタミンをマルチにとれるから、必要なビタミンの補給が簡単になります。

ちょっとビタミンから離れるようですが、骨を例にとってビタミンをマルチでとることの大切さを見てみます。
骨にはカルシウム、とカルシウムを摂取しただけでは、骨はできません。マグネシウムがないとカルシウムが細胞に取り込まれないからです。このカルシウムとマグネシウムは、建物でいえばセメントです。建物を支える柱がコラーゲン。コラーゲンの柱をカルシウムとマグネシウムのセメントで固めて、はじめて骨ができる、というわけです。
そして、コラーゲンをつくるためには、20種類のアミノ酸、13種類の必須ミネラル、13種類の必須ビタミンが必要なのです。しかも、それぞれの種類が全部揃って、必要な量が十分に供給されてこそ、丈夫な骨ができるのです。
骨だけではなく、私たちのからだの機能はすべて同じです。


食べ物を消化するのも、栄養を吸収するのも、内臓が動くのも、血液がめぐるのも、呼吸するのも、すべて、代謝という化学反応の働き。
化学反応を起こさせるのは体内酵素の働きですが、酵素を働かせるのはビタミンなのです。だからビタミンが不足すると、からだの機能が弱っていくのです。
イラストをご覧ください。
必要量を満たさないビタミンは、長さの足りない桶の板のようなもの。
デコボコがあると、水が漏れてしまいますね。すべての種類の必要量が満たされてはじめて水が漏れず、桶の役割を果たします。

サルス社のマルチビタミンには、8種類の基本のビタミンが必要量に合わせたバランスで含まれています。
これで、1日に必要なビタミンを補給することが、とても簡単になります。
5種類足りない? そうなのですが、食事での補い方をあとでお伝えしますね。

〇マルチビタミンで補給できるビタミンの種類と量

まず、それぞれのビタミンの必要量とマルチビタミンの含有量をくらべてみます。
ビタミンの必要量は厚生労働省の「第6次改定 日本人の栄養所要量」から、30歳以上の女性の数値をピックアップしました。

ビタミンCが少し足りないですが、ほかは必要量を満たしています。もちろん、100%吸収されるとは言えませんし、人によって吸収力にも差はでてきます。
でも、サプリメントはあくまでも食事での不足分を補うもの。食事をおろそかにしてはいけませんが、この数値を知ると、かなり気持ちがラクになりませんか?

〇毎日の食事と合わせて、マルチビタミンを上手にとりましょう!

さて、ちょっと足りないビタミンC。これは柑橘類やいちご、キウイなどをはじめとする果物や野菜などで補うことができます。
ビタミンCは加熱に弱く、水にさらしすぎたり、切ってから時間がたつなど、さまざまな条件によって失われやすいのを覚えておいてくださいね。

マルチビタミンに含まれない5種類について、とりやすい食品をお伝えします。

★ビタミンB12 レバー、カキなどの貝類、いわし・さばなどの魚、肉類、卵など。
目安として、あさり1個、まいわし1尾(100g)など。

★ビタミンK 緑黄色野菜、海藻類、レバー、豆類など。
目安として、焼き海苔1/2枚(2g)、ニラ1/3束(30g)など。

★葉 酸  ほうれん草、豆類、卵黄、レバー、牛・豚肉など。
目安として、ほうれん草1/3束(100g)、牛レバー20gなど。

★ビオチン 緑黄色野菜、果物、レバー、卵黄など。

★パントテン酸  魚類、きのこ、豆類、野菜など。
目安として、ひきわり納豆1パック(100g)


目安にあげたのは、ほぼ1日の必要量を満たすとされるものです。
ただし、食品の鮮度や質、調理のしかたなどによって栄養成分の量は変わってきますので、あくまでも目安と考えてくださいね。

〇オーガニックの果物やハーブがメイン。保存料・着色料・アルコール不使用!

サルス社は、世界50ヵ国以上に製品を輸出しているドイツの
メディカル・ハーブ・メーカーです。
マルチビタミンには、サルス社のこだわりがいっぱい詰まっています。
まず、できるだけ自然のものから摂取できるように原材料を選んでいます。
それらを濃縮してビタミン量を上げ、足りない分を補っています。
原材料も製法もEUのオーガニック規定に準拠し、たとえばハーブエキスの抽出にも化学薬品は一切使わず、虫などの除去にはマイナス80℃の冷却装置を使うなどのこだわりぶり。
マルチビタミンにも保存料、着色料、アルコールは使われていないので、
安心して飲んでいただけます。


ビタミンと相性抜群!ミネラルはこちら♪←クリックしてね!
液体マルチビタミン

マルチビタミン 250mL

型番: g12


価格: 4,860 

在庫あり
4860 ポイント
97 ポイント

 

【商品説明】
 
〇「液体」で「マルチ」ここがすごい!
 
 
ビタミンが足りているのかしら…私たちは、そう思いがちですね。
ビタミンの働きはよく知らなくても、「からだに絶対必要だ」ということは誰もが知っています。
 
あなたがビタミン不足かどうか、軽々しく言うことはできませんが、風邪をひきやすい、疲れやすい、なんだか調子が悪い…毎日そんなことが気になる方は、ビタミン不足かもしれません。
 
各種ビタミンのサプリメントを常用されている方も多いでしょう。でも、成分がきちんと体内に吸収されているでしょうか。
 
また、いろいろなビタミンを摂取できていますか? サルス社のマルチビタミンは、1日にほんの10mlを飲むだけの液体ビタミン。液体と錠剤を比べると、液体のほうが約5倍も体内に吸収されやすいと言われています。
 
ビタミンと呼ばれるものは、全部で13種類あります。マルチビタミンは、このうち8種類の1日に必要な量をほぼ補うことができます。実はビタミンは、どれか摂取量が少ないものがあると、ほかのビタミンも少ない種類に合わせたレベルでしか働かないのです。つまり、いろいろな種類を揃えてとることが大事なのですね。
 
ビタミンは、「液体」で「マルチ」にとる。
これがサプリメントの上手な利用のしかたです。
 
サルス社がビタミンサプリメントを「液体でマルチ」にしたのは、からだに負担がなく、もっとも効率よく働くように考えたからなのですね!
 
 
【全成分】
 
ハーブエキス(ミルクシスル、コーラシード、ケルプ、小麦胚芽、エキナセア)、  果汁(オレンジ、パッションフルーツ、グァバ、ぶどう、あんず、イナゴ豆、 レモン、りんご)、イースト、ビタミンC、増粘剤(グァーガム、キサンタンガム)、 ナイアシン、香料、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、 ビタミンA、ビタミンD 
 
※保存料・着色料・アルコールは無添加。
 
※この商品に含まれるビタミンの量は、5歳以下のお子様には多すぎるため、5歳以下のお子様による飲用はお控えください。
 
 
【使用方法】
 
1日10mlを目安にお飲み下さい。